アジア人で溢れる成田市内のイオンモール

海外に住む友人を見送りに成田空港に久々に行く事になった。
雨も降っているし、車を久々に出して行く事にしたのだが、成田空港内でのレストランは高いし、何度も行っている間に飽きてきちゃったので、ちょっと思考をかえて成田市内にあるイオンモールに買い物兼ランチで行ってみた。
平日のイオンモールなのでお年寄りと主婦がちょこちょこといる程度だと思っていたら、なんとアジア人を中心に大盛り上がり!バスでドヤドヤとやってくる団体もあれば、成田空港近辺のホテルからのシャトルバスでやってくる人達もいる。
おのおのごはんを食べにレストランに入ったり、食品売り場で日本のお菓子をバスケット一杯買い込んでいる人も多数いる。
正直驚いた。

1冊なんて選べない、お気に入りの本屋さん。

いつも子どもと行く本屋さんがあります。
子どもの絵本専門店で、素敵な絵本アドバイザーが子どもと一緒に絵本を選んでくれます。
気になる本は、まず自分の手でとり読んでみる。
納得してから購入する…という形です。
家にある本は、ほとんどがこの本屋で購入したものです。
今日は1冊だけしか買わない!と宣言して行きました。
そうでないと、一度に4冊も5冊も買うことになってしまうからです。
もう、読む本も長くなってきてお値段もそれなりです。
今回も頑張って2冊に絞ったものの、1冊を選ぶのに時間がかかっていました。
どちらにしようかな…と指さしてみたり、
くるくる回って止まった時に右にある本にするとか真剣?に悩んでいました。
何とか無事に決まりましたが、15分くらいは悩んでいたようです。
自分だけの袋に入れてもらい、大事そうに抱えて帰りました。
もう1冊は、きっとサンタクロースに持ってきてもらえるようにこっそりお願いしてあげようと思います。

目に見えない疲労の蓄積

繁忙期に入り日々残業続きでしたが、どうやらゴールが見えてきた感じです。
得意先からの注文が若干減ってきた模様で、通常の数量に戻る気配が出てきました。
暇になれば少しは元気になりそうですが、こういう時期が一番やっかいです。
というのも残業続きの日々は目に見えない疲労を蓄積させ、ケアレスミスを起こしやすいからです。
案の定仕事の相方にその兆候が出てきたのです。
自分もそうなる可能性もあるので、休めるときは積極的に休もうと思っています。

面接はいつでも緊張します。

一日に2つの面接が入りました。
一つは英語の面接、もう一つは日本語の面接でした。
英語の面接は今回2回目ということもあり、少し慣れた部分もありましたが、やはりまだリスニング力に自信がないのが自分でもわかりました。
結果は数日後にきますが、既に日本語面接をした会社はタイミングが合わなさそうです。
とりあえず仕事をゲットして働きたいので、面接合格したか知りたいです。
もし仕事開始となると、いまのようなダラダラ生活はできなくなると思います。

きんぴらずくしの夕ご飯。

夕ご飯は、きんぴらばっかりだった。

きんぴらと言うと、ごぼうを使う「きんぴらごぼう」が思い浮かぶが、ごぼうは使わない。

大根の皮や、糸こんにゃくをメインにしたきんぴらだ。

きんぴらは漢字で「金平」と表記し、その語源は江戸時代の浄瑠璃にまで遡るそうだ。

材料を繊切りし、砂糖や醤油で甘辛く炒めた料理で、日本では古くから親しまれていることがわかる。

大根の皮は捨てるのがもったいないと思って、糸こんにゃくはおでん以外の使い道を探した末に、ネットでレシピを探したのがきっかけだった。

きんぴらは調理が簡単で、夕ご飯で余ったらお弁当にも使えることから、重宝している。

おこげも揚げめんも食べたい!

母と二人で中華ランチに行きました。

おこげ大好きの私は、おこげは外せません。

でも海鮮揚げめんも食べたい。

母に訊くと、母はあんかけチャーハンが食べたい、とのこと。

「ねえ、おこげ半分食べない?」「そんなに食べたら昼から動けなくなるよ」そういう母を説得して、二人で三人前を注文。

あつあつのおこげにエビやホタテたっぷりの揚げめん。

食べながら、これぞ幸せと思いました。

このまま胃が破裂しても本望。

完食後、支払いをしながら思わずげっぷが出てしまいました。