きんぴらずくしの夕ご飯。

夕ご飯は、きんぴらばっかりだった。

きんぴらと言うと、ごぼうを使う「きんぴらごぼう」が思い浮かぶが、ごぼうは使わない。

大根の皮や、糸こんにゃくをメインにしたきんぴらだ。

きんぴらは漢字で「金平」と表記し、その語源は江戸時代の浄瑠璃にまで遡るそうだ。

材料を繊切りし、砂糖や醤油で甘辛く炒めた料理で、日本では古くから親しまれていることがわかる。

大根の皮は捨てるのがもったいないと思って、糸こんにゃくはおでん以外の使い道を探した末に、ネットでレシピを探したのがきっかけだった。

きんぴらは調理が簡単で、夕ご飯で余ったらお弁当にも使えることから、重宝している。